前へ
次へ

小学校におけるプログラミング教育

プログラミング教育によってプログラムを作成するかどうかが気になります。子供はプログラムで作成されたゲームなどには興味を持ちでしょうが実際にプログラムを作成するとなると常に面倒に感じるかもしれません。せっかくプログラミングを学ぶ機会を提供したとしても、なかなか子供には身につけられない可能性があります。小学校でグランド教育が始まるより前に、民間のソフトウェア会社などがプログラミングを教えるスクールを開港していました。それらのスクールでは実際にプログラム言語をではなく現場に出てくるイラストなどを選択して、それを組み合わせることによってプログラム作成する仕組みでした。こちらであれば子供でも無理なくプログラミングに触れることができ、興味のある子はここからプログラム言語を自分書くようになるようです。小学校においては、まずはプログラムどうやって作成されているかを学ぶのがいいかもしれません。ただし興味のある子だけがプログラム作成するような仕組みはよくはないでしょう。

Page Top